入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > ・就労ビザについてのQ&A > 外国人の家事代行サービスとビザ申請

外国人の家事代行サービスとビザ申請

Q.今後、外国人の方の新しい就労ビザに、家事代行サービスのビザができると聞きました。
家事代行サービスビザとはどのようなビザですか?また、ビザの条件はどうなってますか? 

 

A.具体的には、以下のような内容です。

 

1.外国人の家事代行サービスとビザ申請の概要

2015年内に認められる予定の外国人の方の新しい就労ビザに、新たな分野が追加されます。

それが、外国人の家事代行サービスです。

今後は、政府が、まずは神奈川県・大阪府を対象に、外国人の方の家事代行サービスへの従事を認めることとなる予定です。

これがうまく機能すれば、全国に拡大していくのは間違いありません。

というと、「え?今まで外国人の家事代行サービス代行ってビザがもらえなかったの?」という疑問があるかもしれません。

実は、今まで、外国人の方は、永住者、定住者、日本人の配偶者等といった方または留学生等のアルバイト(資格外活動)として以外は、いわゆる「単純労働」は認められていませんでした。

しかしながら、今後は人材不足のため、単純労働を認めるビザを求める声が高まってきています。

そこで、限定的ではありますが、今回のように外国人の家事代行サービス代行についても、ビザを認める方向になったわけです。

 

2.外国人の家事代行サービスとビザ申請の条件

ただ、家事代行のビザも就労ビザの一種なので、まとめると、以下のような雇用条件が必要となりそうです。

(家事代行ビザの主な条件-予定)

1.フルタイムでの直接雇用

2.日本人と同等額以上の報酬

3.住み込みでの形態は不可

4.雇用する企業は外国人の住宅を確保すること

5.在留期限は最長3年間

全体を通してみますと、いわゆる「単純労働」を政策的に認める観点から、受け入れる企業側に通常の就労ビザと比較して、強めの監督を求めているものと考えられます。

この外国人の家事代行ビザは本年内は神奈川県・大阪府に限定されていますが、実施状況をみて、今後
他の都道府県にも広がる可能性は高いかと考えます。

サービスを利用したい方も、日本で家事代行サービス業務に従事したい外国人の方のニーズも高いものと思われますので、外国人の家事代行ビザの申請、取得をお考えの方は、是非一度ご相談ください。

家事代行ビザのお問い合わせは・・・

TEL:06-6375-2313(※相談予約制)

フロンティア総合国際法務事務所 まで!

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人日本ビザ申請代行センター All Rights Reserved.