入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > 配偶者ビザ等のQ&A > 配偶者ビザから投資経営ビザへの変更は可能か?

配偶者ビザから投資経営ビザへの変更は可能か?

Q.私は、中国人で、現在日本人の配偶者ビザを持っています。今は中華料理店をやっていて、日本人の夫の離婚を考えており、配偶者ビザから投資経営ビザへの変更を考えています。配偶者ビザから投資経営ビザへの変更は可能なのでしょうか?

 

A.一般論としては、確かに、配偶者ビザから投資経営ビザについての変更申請は可能です。

但し、変更が認められるには、入管が納得する相当な理由が必要ですし、現在までの在留状況も審査の対象になります。

また、投資経営ビザは一般の就労ビザよりかなり条件は厳しいです。

ですから、失敗するリスクが高いことが多いので、通常の申請の場合よりも、より慎重に行い、できれば専門家に相談の上行ったほうがよいのではないでしょうか。

 

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・経営管理ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人日本ビザ申請代行センター All Rights Reserved.