入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > 在留資格・ビザ : 婚姻要件具備証明書認証 > 婚姻要件具備証明書認証

婚姻要件具備証明書認証

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

全国対応!婚姻要件具備証明書認証代行・スピード取得

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<婚姻要件具備証明書認証(独身証明書認証)>


配偶者ビザを取得するためには、結婚の手続きを行うことが前提となります。

そして、日本人と外国人の方が日本で結婚する場合、原則として婚姻要件具備証明書(独身証明書)の提出が必要です。


ここにいう婚姻要件具備証明書とは、婚姻をしようとする外国人が本国の法律によって婚姻の成立要件を満たしていることを証明する書類です。

簡単にいうと、「この方は法律上結婚できる人ですよ」という証明書です。

婚姻要件具備証明書(独身証明書)が必要な理由は以下の通りです。

まず、日本人は戸籍制度がありますから、戸籍謄本を確認すれば婚姻の条件を満たしているかの確認はさほど困難ではありません。

しかし、日本の戸籍制度では外国人の戸籍は作成されないことになっています。そのため、戸籍謄本で婚姻の要件を満たしているかの確認ができません。

そこで、その代わりに婚姻要件具備証明書(独身証明書)で婚姻ができる人であることを証明することにしたのです。

この婚姻要件具備証明書(独身証明書)は、どこで入手できるかというと、結婚相手の国の在日大使館または領事館です。

但し、婚姻要件具備証明書(独身証明書)を取得するための必要書類は国よって異なりますので、事前に各国の領事館・大使館に問い合わせて、確認しておくことを忘れないようにしましょう。

また、外国語で記載されている婚姻要件具備証明書を役所に提出する場合、基本的に全て日本語訳を付けることが条件となっていますので、この点も注意が必要です。

 

 


<婚姻要件具備証明書の翻訳・認証代行サービス>


例えば、日本人が中国人と中国国内で結婚する場合の婚姻要件具備証明書(独身証明書)は,日本外務省及び中国大使館(中国領事館)の認証・翻訳が必要になります。

しかし、自分で全て行う場合、原則として外務省に2回、中国領事館に2回合計4回役所に行く必要があります。そうすると、仕事の忙しい方、遠方の方等は領事館へ行くことが困難であったり、当事者が両方の言語に通じていない場合もあります。

そこで、忙しい方に代わり、当事務所が認証手続や翻訳を代行いたします。

i.外務省の婚姻要件具備証明書の認証及び ii.婚姻要件具備証明書(独身証明書)翻訳は全国対応可能(中国人との結婚の場合)です。

※遠方の方とのお客様との対応は郵送、メール、電話で行います。北海道から沖縄まで遠方の方も追加料金は発生しませんのでお気軽にお申込ください。

 


<婚姻要件具備証明書(独身証明書)外務省認証代行対応エリア>

  北海道・青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県の全域

※中国語への翻訳も全国対応です。


婚姻要件具備証明書(独身証明書)中国領事館認証手続代行対応エリア>

大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、愛媛県、高知県、徳島県、香川県、広島県、島根県、岡山県、鳥取県

 


婚姻要件具備証明書(独身証明書)認証代行・翻訳サービスの流れ


1、
メールまたは電話(06−6375−2313)でお申込

2、お申込確認メールで必要書類等を確認

3、必要書類(婚姻要件具備証明書原本・委任状・身分証明書(パスポート及び免許証のコピー)・業務依頼申込書)及び料金の振込み

4、業務に着手

5、業務完了後、認証済みの婚姻要件具備証明書(あるいは翻訳)を送付

 

 

<料金表>

  提出先 業務内容 費用(税別)
中国 外務省での婚姻要件具備証明書認証代行 5,000円
中国領事館での婚姻要件具備証明書認証代行 15,000円
中国 婚姻要件具備証明書の翻訳 5,000円
英語圏 婚姻要件具備証明書の翻訳 8,000円

※その他、中国領事館に支払う手数料として、別途3000円3営業日後以降受け取りの場合。要急(翌営業日認証)の場合6000円)が必要です。

  なお、お申込の際は、返送等の期間を考慮し、日程に十分な余裕をもってお申込頂きますようお願いいたします

また、認証後の婚姻要件具備証明書は原則メール便(普通)で送付いたします。その際の送料・梱包料(交通費等の諸経費含)等として、別途¥2000が必要です。

 

(お申し込みの料金例)

①外務省認証(通常)+領事館認証(通常)+翻訳+諸経費=¥29000(税込)

(※領事館手数料の3000円は別途必要資料とともに当事務所まで送付)

②外務省認証(至急)+領事館認証(至急)+翻訳+諸経費¥50600(税込)

(※領事館手数料の6000円は別途必要資料とともに当事務所まで送付)

③外務省認証(通常)領事館認証(通常)+諸経費=¥23600

(※領事館手数料の3000円は別途必要資料とともに当事務所まで送付)

④外務省認証+翻訳+諸経費=¥12800

(※下記管轄区域外の方はこちらのコースになります。この場合、委任状は不要ですので、①婚姻要件具備証明書原本と②申込書の郵送のみでOKです)



・大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、愛媛県、高知県、徳島県、香川県、広島県、島根県、岡山県、鳥取県の方は1~5の全てのコースを選べますが、それ以外の方は5のコースのみのご選択となります。

 



・中国以外の国(ラトビア共和国等)の婚姻要件具備証明書の認証は個別に見積もりますのでお問い合わせ下さい。

・その他、登記簿の翻訳及び認証、卒業証書、戸籍謄本の翻訳等も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


配偶者ビザ、独身証明書、オーバーステイ等の相談は今すぐ!

TEL:06−6375−2313 フロンティア総合国際法務事務所 まで

⇒お問い合わせ、お申込は就労ビザ、投資経営ビザ、配偶者ビザ等についての無料メール相談へ


⇒結婚後のビザが気になる方は配偶者ビザ

 

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人ビザ申請サポートセンター All Rights Reserved.