入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > ・就労ビザについてのQ&A : 就労ビザの基礎知識 > 入国管理局に申請中に在留期限が過ぎた場合

入国管理局に申請中に在留期限が過ぎた場合

Q,投資経営ビザの更新を申請していましたが、入管に申請中在留期限が過ぎてしまいました。私は不法滞在になってしまうのでしょうか?

A、入国管理局になんらかの申請をすると、審査に時間をとられて結果が来る前に在留期間が満了してしまうこともあります。

まず、この申請が「許可」になれば、遡って期間満了日から継続して新しい在留期間を付与され、合法となります。

一方、「不許可」の場合も、通常期間満了日からの空白の期間に出国準備のための短期間の在留期間が追加されますから、その期間内に帰国すれば不法残留にはなりません。

しかし、この入国管理局での手続きを怠ると、不法残留状態とみなされますので、退去強制の手続きをとられますのでご注意ください。

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人日本ビザ申請代行センター All Rights Reserved.