入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > ・就労ビザについてのQ&A : 就労ビザの基礎知識 > 設立後間もない会社での就労ビザ取得

設立後間もない会社での就労ビザ取得

Q.当社は、今年設立したばかりの会社ですが、外国人を積極的に雇用・採用していきたいと考えています。しかし、新しい会社は就労ビザが下りる可能性が低いと聞きました。この場合、就労ビザを取るのは無理ですか?

A,新しい会社の場合、就労ビザの審査において、通常、会社の事業の継続性、安定性が問題となります。ここで、会社の事業の継続性、安定性があると入管が判断すれば、就労ビザが取得できます。
 したがって、就労ビザの取得は無理ではありませんが、創業10数年という会社と比べ、会社の事業の継続性、安定性を立証する資料の収集、作成が必要になるでしょう。

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人日本ビザ申請代行センター All Rights Reserved.