入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > ・就労ビザはなぜ重要? : 就労ビザの基礎知識 > 就労ビザはなぜ重要?

就労ビザはなぜ重要?

日本において、いわゆる「就労ビザ」といわれているものは16種類あります。

 外国人が日本で働くためには、原則として、その16種類のうち「仕事に対応した就労ビザ」を有している必要があります。

 仮に「仕事に対応した就労ビザ」を有していない外国人が働いた場合は、

 1.当の外国人は不法就労していたことになり、退去強制させられる怖れがあります。

一方、

 2.外国人を雇用していた企業は刑罰を科される恐れがあると共に場合によっては社会的信用を失い、コンプライアンス(法令遵守)の重要性が叫ばれている現在においては、最悪の場合、会社の存立にも影響を与える恐れがあります。

 このように働く外国人が「仕事に対応した就労ビザ」を有していることは当の外国人にとっても雇用する企業にとっても重要なことなのです。

したがって、面倒だからといってつい魔がさし、就労ビザ取得を怠ることのないようにして下さい。

⇒もっと知りたい方は就労ビザ、投資経営ビザ等についての無料メール相談へ


⇒就労ビザ審査のポイントは?へ

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人日本ビザ申請代行センター All Rights Reserved.