入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > 家族関係ビザ : 配偶者ビザ等のQ&A > 3年の配偶者ビザを申請しましたが、1年しかもらえませんでした。なぜですか?

3年の配偶者ビザを申請しましたが、1年しかもらえませんでした。なぜですか?

Q,日本人と結婚したので3年の配偶者ビザを申請しましたが、1年しかもらえませんでした。なぜですか?

A,配偶者ビザの在留期間は1年又は3年ですが、最初申請した場合は1年であることが多いようです。

これは、偽装結婚で配偶者ビザを取得する可能性もあることから、入管も真正の結婚かを慎重に判断せざるをえないからです。

つまりは、「まずは1年様子を見よう」ということです。

もっとも、在留期間が長くなってくれば3年の配偶者ビザが与えられる可能性も高まってきます。

そのため、初回は1年で我慢し、3年のビザをもらうため、今後、夫婦の実績を積み重ねていくしかないでしょう。
 
 

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・経営管理ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人日本ビザ申請代行センター All Rights Reserved.