入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > ・就労ビザについてのQ&A : 就労ビザの基礎知識 > 外国人雇用の際の注意点は?

外国人雇用の際の注意点は?

Q、「よく働く人だから」との紹介を受けて、雇用したところ、オーバーステイであることが判明しました。このような事態を避けるため、外国人雇用の際にはどんなことに注意すればよいですか?

A、 外国人が短期滞在ビザで来たあと、在留期間が切れてオーバースティになるケースが多いです。
    
 短期滞在ビザは日本への入国手続きが簡単ですが、本来は仕事をしてはいけません。

そこで、外国人を雇用する際は、パスポートを見て、「短期滞在」という言葉があるかを見てください。

もし「短期滞在」という言葉があれば、就労は不可能ですので、その外国人の雇用を見合わせてください。


次に「在留期間がいつまであるか」ということを見れば、オーバースティになっているかどうかの判断はできると思います。

仮に「短期滞在」あるいはオーバーステイ等で働くことができない外国人を雇用していますと、雇用者自身が処罰されることもありますので、注意してください。

なお、もしオーバーステイになっていた場合でも、在留特別許可の方法により、当該外国人を救済できる可能性は一応あります。

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人日本ビザ申請代行センター All Rights Reserved.