入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > 人文知識・国際業務ビザ申請 : 在留資格一覧 > 人文知識・国際業務ビザ申請

人文知識・国際業務ビザ申請

<人文知識・国際業務ビザ申請>

-Specialist in Humanities/International Services Visa-

※2015年4月1日より、在留資格「人文知識・国際業務」は在留資格「技術」と統合され、「技術・人文知識・国際業務」となりました。よって、今後は通訳と技術営業職の兼務等、「技術ビザ」と「人文知識・国際業務ビザ」の双方に該当する職種でのビザ申請が可能となります。ただし、双方ともに該当しない職種(工場での現場作業等の単純業務)については、従来どおり当該資格では在留できませんので、ご注意ください。


貿易関連の事務員を雇用したい場合や翻訳者、通訳者等を雇用したい場合には「人文知識・国際業務」ビザを申請、取得する必要があります。

そして、人文知識・国際業務ビザを申請し、在留資格が認められる為の基準は以下の通りです。


1、人文知識業務申請の場合

i.必要な知識に係る科目を専攻して大学を卒業している事。

または

ii.大学と同等以上の教育を受け又は従事しようとする業務について10年以上の実務経験があり、当該知識を修得している事。

iii.日本人と同等以上の報酬を受ける事。


2、外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務の場合


i.翻訳、通訳、服飾、室内装飾に係るデザイン等の類似する業務に従事する事。

ii.従事予定の業務について3年以上の実務経験を有する事(但し、大学を卒業した者が翻訳又は語学の指導に係る場合は、実務経験は不要)。

iii.日本人と同等以上の報酬を受ける事。


国際的な事業展開を考えておられる経営者にとっては、優秀なネイティブの翻訳者の雇用が必要となってくることが多いかもしれません。

ただ、人文国際ビザ申請、取得の為の手続や書類作成は面倒ですし、きちんと手続を行わないと余計に時間がかかったり許可が下りない場合もあります。

また、人文国際ビザの更新手続きで不許可になりやすいのが転職がある場合です。転職した場合は更新であると安易に考えず、新規の申請のつもりでしっかりとした資料を揃えることが必要です。


そこで、就労ビザの申請及び取得手続の代理を専門に行う申請取次行政書士が就労ビザの相談・書類作成・提出等の一連の作業を許可が下りる迄完全にサポ−トを致します。

人文知識・国際業務ビザの申請を自分でやってみたが、不許可になった、または申請をする時間がもったいないという方はお気軽にご連絡・ご相談下さい。

<参考:人文国際ビザ申請手続の必要書類>

1、在留資格認定証明書交付申請の必要書類

ア 申請人本人が準備するもの

・写真(4cm×3cm、1枚)
・履歴書及び履歴を証明する資料
・パスポートのコピー

イ 受け入れ企業などが準備するもの

・在留資格認定証明書交付申請書
・活動の内容、雇用期間、報酬、地位などの待遇を記載した雇用契約書、採用通知書の写し、辞令等
・会社の概要を明らかにする資料(パンフレット等)
・申請書提出者が代理人の場合には、要件に適合するものであることを証明する資料
・返信用封筒 (380円の切手を貼付)


2、在留期間更新手続の必要書類

・在留期間更新許可申請書
・活動内容、期間及び地位を証明する文書
・年間の収入及び納税額に関する証明書
・パスポート(原本)
・外国人登録証明書


※注:これらの書類は「最小限の必要書類」です。上記書類を提出しても就労ビザが不許可になる可能性もあります。人文国際ビザ取得に必要な書類はケースにより異なり、許可を得るために必要な事項は申請者の側で立証する必要がありますのでご注意下さい。


<標準料金(税別)>

1、人文国際ビザ・新規申請(在留資格認定証明書交付申請、在留資格変更申請):

⇒¥120,000

・最も依頼の多い、完全代行コースです。不許可の場合の再申請保証制度を採用していますので、費用面でも安心です。



2、人文国際ビザ・書類作成コース:¥98000(一括払い・全国対応)


・人文国際ビザ等の就労ビザの書類作成のみを当事務所が行います。申請は会社又は本人で行ってもらいます。遠方の方にお勧めのコースです。


3、人文国際ビザ・更新申請:¥30000〜


・人文国際ビザ等の就労ビザの更新申請を代行いたします。転職がない場合、手続きが簡略化されていますので、費用は新規申請の場合より割安です。

4、人文国際ビザ・理由書作成コース:¥30000〜¥50000


・人文国際ビザ等の就労ビザの理由書をきちんと書いてないと、不許可になりやすいです。理由書は、ただ「働きたい」という熱意だけではダメで、入管法に沿ったものでなければいけません。そこで、当事務所がしっかりとした理由書作りをお手伝いいたします。


5、人文国際ビザ・コンサルティングコース:
¥30000

・人文国際ビザ等の就労ビザの申請まで相談だけして、書類の作成や提出は自分で行う代わりに低価格のコースです。

6、人文国際ビザ・書類チェックコース:¥30000

・依頼者の側で書類を作成し、当事務所がプロの目線から書類のチェック及びアドバイスを行います。費用を抑えたい方にお勧めのコースです。


⇒もっと知りたい方は就労ビザ、投資経営ビザ等についての無料メール相談へ


⇒企業内転勤ビザとは?へ


就労ビザ申請、、投資経営ビザ申請、配偶者ビザ、オーバーステイ等の相談は今すぐ!

TEL:06−6375−2313 フロンティア総合国際法務事務所 まで

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人ビザ申請サポートセンター All Rights Reserved.