入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > 配偶者ビザ等のQ&A > 配偶者ビザ更新の必要書類は何ですか?

配偶者ビザ更新の必要書類は何ですか?

Q.私の妻は中国人です。今回、在留期限が近づいてきましたので、在留資格の更新(配偶者ビザの更新)をしたいです。配偶者ビザの更新の必要書類は何ですか?


A.配偶者ビザ更新申請の必要書類は一般に以下の通りです。ただし、下記の書類は必要最低限のものですので、「貴方の場合」に必要な書類については自分で考えて提出する必要があります。


・配偶者ビザ更新申請・必要書類

1.日本人の配偶者である場合には、当該日本人の戸籍謄本及び住民票の写し
※住民票は、世帯全員の記載のあるもの
2.当該外国人、その配偶者又は父若しくは母の職業及び収入に関する証明書
ア.在職証明書等職業を証明するもの
イ.年間の収入及び納税状況を証するもの
・住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書
3.身元保証書
ア.日本人の配偶者である場合には、本邦に居住する当該日本人の身元保証書
イ.日本人の特別養子又は子である場合には、本邦に居住する当該日本人又はその他本邦に居住する身元保証人の身元保証書

 

なお、以下のようなケースでは、在留期間更新申請が簡単に許可されると思って自分で申請して不許可になる事例が相次いでいますので、少なくとも下記のケースに該当する場合は、申請はビザ専門の行政書士に依頼したほうがいいかと思います。


(配偶者ビザ更新が不許可になりやすい例)

1.現在夫婦が同居していない、もしくは長期にわたり同居していない期間があった

2.妻がキャバクラ、スナック等の風俗店で働いている

3.夫婦仲が悪く、現在離婚協議中、もしくは離婚調停中である

4.在留期間中の収入が非常に少ない、または生活保護を受けている


配偶者ビザ更新手続きのお問い合わせは・・・

TEL:06-6375-2313

フロンティア総合国際法務事務所 まで!

(※相談は予約制です。電話での個別相談は一切行っておりませんのでご了承ください)

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・経営管理ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人日本ビザ申請代行センター All Rights Reserved.