入管専門行政書士が90%以上のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ > 在留資格一覧 : 文化活動ビザ申請 > 文化活動ビザ申請

文化活動ビザ申請

<文化活動ビザ申請>−Cultulral activities visa- 

1.文化活動ビザ

 

  文化活動ビザとは、収入を伴わない学術上もしくは芸術上の活動、または日本特有の文化もしくは技芸について専門的な研究を行い、もしくは専門家の指導を受けてこれを習得する活動に関するビザです。

2.文化活動ビザの活動内容

 では、「文化活動」とはどのような活動をいうのでしょうか?

一般に、文化活動とは、次のような活動が該当します。

(1)収入を伴わない学術上の活動

・例えば、外国の大学の教授、助教授、講師等や、外国の研究機関から派遣された者が、日本において報酬を受けないで行う調査・研究活動、大学院において教授等の指導の下に無報酬で研究を行う研究生の活動等、当該活動に基づいて収入を得るものではない学術上の活動のすべてが含まれます。

(2)収入を伴わない芸術上の活動

・絵画を習う等です。

(3)日本特有の文化または技芸について専門的な研究を行う活動

・例えば、習字、茶道等の研究はこれに該当します。

(4)日本特有の文化または技芸について専門家の指導を受けてこれを習得する活動

「専門家の指導を受けてこれを習得する」とは、日本特有の文化または技芸に精通した専門家から、個人指導を受けて修得することをいいます。
なお、教育機関(学校)に在籍して修得する場合は、留学ビザまたは就学ビザになります。


3.文化活動ビザの在留期間

・1年または6月

4.申請にあたって最小限必要な書類

(1)学術上若しくは芸術上の活動を行い、または日本特有の文化もしくは技芸について専門的な研究を行おうとする場合

i.活動の内容、期間、当該活動を行おうとする機関の概要を明らかにする資料
・申請人または受入機関が作成した活動内容及びその期間を明らかにする文書
・申請人が活動を行おうとする機関の案内書等で、その概要を明らかにするもの
ii.学歴、職歴及び活動に係る経歴を証する文書
iii.在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書

(2)専門家の指導を受けて日本特有の文化又は技芸を修得しようとする場合

前号に掲げるもののほか、当該専門家の経歴及び業績を明らかにする資料

 

<標準料金(税別)>

1、文化活動ビザ・申請代行コース(在留資格認定証明書交付申請):

⇒¥90,000~¥200,000

 ・最も依頼の多い、ビザ申請完全代行コースです。着手金+成功報酬制度を採用していますので、費用面でも安心です。


2、文化活動ビザ・書類作成コース:¥120000(一括払い・全国対応)


・文化活動ビザの書類作成のみを当事務所が行います。申請は本人で行ってもらいます。

 


3、文化活動ビザ・更新申請:¥50000 


・文化活動ビザの更新申請を代行いたします。

 


4、文化活動ビザ・理由書作成コース:
¥30000〜¥50000


・文化活動ビザの理由書をきちんと書いてないと、不許可になりやすいです。理由書は、ただ「日本で暮らしたい」という熱意だけではダメで、要件が立証できるものでなければいけません。そこで、当事務所がしっかりとした理由書作りをお手伝いいたします。


5、文化活動ビザ・コンサルティングコース:
¥30000

 
・文化活動ビザの申請まで相談だけして、書類の作成や提出は自分で行う代わりに低価格のコースです。このコースでは相談及びアドバイスのみを行い、ビザ申請書類のチェックは行いませんので、ご注意下さい。

6、文化活動ビザ・書類チェックコース:¥30000

・文化活動ビザの申請書類を自分で収集、作成していただいた上で、プロの目線から最終チェックを行います。手間はかかっても費用を抑えたい方にお勧めのコースです。

 

文化活動ビザ、就労ビザ、投資経営ビザ等の相談は今すぐ!

TEL:06−6375−2313

 

 

フロンティア総合国際法務事務所 まで

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人ビザ申請サポートセンター All Rights Reserved.