入管専門行政書士が95%超のビザ許可率を実現。

1000件超の国際業務実績を有する国際行政書士が

あなたの知らないビザ・トラブル解決法を提案します。

トップ >  > 免責事項

免責事項

利用規約:本ウェブサイトをご利用の前に下記利用規約を注意深くお読みください。

本ウェブサイトをご利用になることで、あなたは本利用規約に対する同意を表明されたことになります。下記の契約 (以下「本契約」と称します。)は、フロンティア総合国際法務事務所(以下「フロンティア」、あるいは「私たち」と称します。)が保有し、運営するワールド・ワイド・ウェブ・サイトのすべてのグループの利用に適用されます。当該グループには、「本サイト」と総称 されるHTMLあるいはその他のソース・ファイルを構成するあらゆる書面および図面、ないしは設計資料、ディスカッション・グループ、およびいずれかのフロンティア総合国際法務事務所のウェブ・サイトの一部として提供される電子メール機能、製品、あるいはサービスを含みますが、これに限定されるものではありません。本サイトを利用し、および/あるいはいずれかの形式で本サイトの何らかの製品を受け取ることによって、あなた(以下「あなた」あるいは「ユーザー」と称しま す。)は、本契約に法的に拘束され、これを遵守することに同意することになります。本契約の規約に同意されない場合には、本サイトをご利用にならないようお願い申し上げます。

フロンティア総合国際法務事務所と、あなた(以下「お客さま」と 称します。)は、本契約において、サービスに関して本会や国規定される規約(以下本「契約」と称します。)が、フロンティア総合国際法務事務所があなたに提供するか否かにかかわらず、全てのサービスに適用されることに同意するものです。発注は、その媒体にかかわらず、本契約の全部を承認したものとみなされます。

サービス内容

フロンティア総合国際法務事務所は、フロンティア総合国際法務事務所が提供する本サービスについての情報を表示し、特定の本サービスに対するオンライン注文を実行し、自動的に特定の サービスについての見積もりを受け取り、フロンティア総合国際法務事務所が指定した時間以内に完成した翻訳文を受け取る能力をお客さまに対して提供します。

お客さまの定義

お客さまとは、直接あるいは間接にかかわらず、本サービスを利用するいずれかの個人、企業、組織、あるいはその他の団体を言います。 フロンティア総合国際法務事務所が提供する本サービスは、法定年齢に達しており、適用法のもとで法的に拘束力のある契約書を締結することができる個人のみが利用することができます。上記を制限することなく、本サービスを未成年者が利用することはできません。

お客さまの責任

お客さまは本契約において下記に同意するものとします。

媒体にかかわらず、お客さまがフロンティア総合国際法務事務所に対して伝送したいずれかの、およびあらゆる資料の内容に対して独占的に責任を負う。
本契約、および本サービスに適用されるそのほかの指示を遵守する。
本サービスを含むが、これには限定されないフロンティア総合国際法務事務所のサービスの利用によって獲得する可能性のある結果に関しては、フロンティア総合国際法務事務所はなんら保証するものではない。
提供されるあらゆる情報は、お客さまが知りうる限り、真実であり完全なものである。       お客さまが本契約を遵守されない場合には、フロンティア総合国際法務事務所は、 任意でそのサービスを解消することができるものとします。

品質と修正

フロンティア総合国際法務事務所は、オリジナル文書の目的と文脈にもっとも適した翻訳の作成のためのあらゆる理にかなった努力をするものとします。専門的な、文化的な、 あるいは言語学的な検討から、翻訳された文書がオリジナル文書から多少逸脱することがあることをお客さまは理解するものです。お客さまがフロンティア総合国際法務事務所が利用する専門用語、あるいはスタイルに変更を求める場合には、こうした変更はお客さまが料金を支払った上でなされるものとします。フロンティア総合国際法務事務所は、 いずれも議論の余地のない翻訳ミス、文法上の誤り、翻訳漏れ、あるいはタイプミスについては無料で修正をするものです。誤りに関するフロンティア総合国際法務事務所の責任は、お客さまに費用が発生しない範囲で誤りを修正する義務に限定されるものとします。

外注

フロンティア総合国際法務事務所は、お客さまが発注された翻訳業務をプロの翻訳者に外注することができますが、本契約に規定される唯一の法的救済および責任限定の対象として、フロンティア総合国際法務事務所は外注された業務について責任を負い続けるものとします。
本サービスの利用

フロンティア総合国際法務事務所は、下記の目的での翻訳サービスを含め、これには限定しませんがそのサービスの利用を明確に禁じるものです。
いずれかの特許、著作権、商標、あるいはそのほかの知的所有権の侵害にあたる何らかの資料を作成すること。
適用法によって脅迫的、中傷的、わいせつ的、擾乱的、ないしは攻撃的であるとみなされる何らかの情報を作成したり、配信したりすること。
翻訳文が利用される日本、あるいはその他の国のいずれかの制定法、あるいは政府規制に違反すること。

いずれの理由であれ、翻訳サービスを含め、これには限定されませんがそのサービスの提供を拒否する権利をフロンティア総合国際法務事務所は有するものとします。

プライバシーと守秘義務

本サービスの利用中に、フロンティア総合国際法務事務所とお客さまは相手方に所属する、ないしはその業務に関連する機密情報、ないしは独占情報を知りうる可能性があるこ とを両当事者は認識するものです。
フロンティア総合国際法務事務所は、サービスを提供するために利用されたお客さまの情報のプライバシーを約束する ために理にかなった努力をするものとします。フロンティア総合国際法務事務所は、お客さまによって具体的に、また承知した上で承認されている場合を除いて、本契約のもと でのサービスの提供を除いてはいずれの目的でもお客さまに関するいずれの個人的な情報も利用してはならないものとします。実行される作業の性質、およびお客さまがフロンティア総合国際法務事務所に伝送するいずれの情報も機密のものです。フロンティア総合国際法務事務所は、犯罪活動の証拠となる、ないしはその一部となるお客さまの情報を 公開することをいずれかの適用法、あるいは法的プロセスによって義務づけられることがあることをお客さまは認識するものとします。
フロンティア総合国際法務事務所の顧客、および顧客候補の名前、あるいは身分を含めて、フロンティア総合国際法務事務所との関係から知りえたあらゆる情報を厳密に機密情報として扱うことにお客様は同意するものです。

情報の被公開者が既知の、あるいは自発的に作成した情報
いずれかの当事者の違法行為なしで公知の者となった情報
自由に情報を開示できる第3者によって開示された情報
保証の放棄

フロンティア総合国際法務事務所は、本サービスの商品性、利用可能性、特定の目的に対する適性、正確さ、タイムリーさ、侵害の不在、安全性、あるいは完全性を含めて、た だしこれには限定されませんが、本サービスに関して、明示あるいは黙示を問わず、あらゆる保証を明示的に放棄するものです。お客さまは自ら単独でリスクを 負って本サービスを利用することに明示的に同意するものとします。フロンティア総合国際法務事務所は特に、本サービスの利用によって獲得される可能性のある結果について、あるいは本サービスをとおして獲得されるいずれかの情報の信頼性について、いずれの保証も放棄するものです。

責任の限定

本条項においては、「フロンティア総合国際法務事務所」には、フロンティア総合国際法務事務所、その関連会社、およびそれぞれの後継者、役員、従業員、代理人、代表者、サプライヤー、下請業者、およびフロンティア総合国際法務事務所の翻訳者(従業員、あるいは独立契約者にかかわらず)を含むものとします。

本条項においては、「損害」とは、あらゆる発生した傷害、損害、損失、あるいは費用の総称であるものとします。

サービスにおける欠陥、あるいはその不履行によって発生する可能性のある、ないしは契約、過失を含めた不法行為上の厳密責任、あるいはその他などその形式にかかわらずサービスの履行、 ないしは不履行に起因するなんらかの損害に対するフロンティア総合国際法務事務所のあらゆる責任、およびお客さまの唯一の法的救済は、損害賠償の原因となったサービスに対する料金の貸付け、 あるいは返金に限定されるものとします。

フロンティア総合国際法務事務所が損害の発生の可能性について、実際に、ないしは建設的にかかわらず、知っていた場合でも、直接的、間接的、特別な、ないしは結果的な損害、あるいは何らかの類の利益、 貯金、ないしは収入損失に対してフロンティア総合国際法務事務所は責任を負うものではありません。

本条項の規定にのっとり本サービスの料金を受け入れることをお客さまは認識し、本条項におけるリスクと責任の配分は公平であり、合理的であり、不当なものでないことに同意するものです。 また、フロンティア総合国際法務事務所の本サービスに対する料金はお客さまの事業価値、あるいは、本条項において見込まれる損害を超える間接的な、偶発的な、結果的な、および特別な損害、 ないしはその他の損害の金額には関係しないことをお客さまは認識するものとします。

免責条項

本契約において、お客さまは、お客さまによる本サービスの利用、お客さまによる本サービス違反、ないしはいずれかの個人あるいは団体の何らかの知的所有権、ないしはその他の権利の侵害による、あるいはそれに起因する第3者による弁護士料を含めたなんらかの損害賠償、ないしは請求についてフロンティア総合国際法務事務所、その関連会社、代理人、事業所、および従業員を免責し、またフロンティア総合国際法務事務所、その関連会社、代理人、事業所、および従業員が損害をこうむらない ようにすることに同意するものとします。

不可抗力

フロンティア総合国際法務事務所、その関連会社、あるいはそれぞれの後継者も、労働争議、火災、洪水、法律、政府あるいは政治的行動、ないしは天変地異、あるいは上記に 類似しているかいないかにかかわらずフロンティア総合国際法務事務所が管理するその他の原因を含めて、これには限定されませんが、フロンティア総合国際法務事務所が合理的に管理するこ とができない何らかの原因によって直接、間接にかかわらず発生した何らかの損失、損害、遅延、ないしは不履行についていずれの方法でも責任を負うものでは ありません。何らかの不可抗力が発生した場合には、本契約にもとづくフロンティア総合国際法務事務所の作業期間はそれに応じて延長されることになります。

本サービスの不正利用

フロンティア総合国際法務事務所は、当該不正利用がフロンティア総合国際法務事務所、あるいはその代表者による不法行為、あるいは意図的な行為によって生じている場合を除いては、お客 さまのクレジット・カードの不正利用については一切責任を負いません。お客さまは、何らかの不正行為、何らかの不正なないしは不当なクレジット・カードの 利用によって刑事訴追の対象となる可能性があることを認識するものとします。

譲渡
相手方当事者による事前の書面での同意がない限りは、本契約、あるいは本契約にもとづいたいずれの権利ないしは義務についてもお客さま、あるいはフロンティア総合国際法務事務所は譲渡したり、委譲したりすることはできないものとします。本条項に違反したいずれの譲渡、あるいは委譲も無効となります。上記にかかわらず、 フロンティア総合国際法務事務所は、本契約、あるいは本契約にもとづくいずれの権利、ないしは義務をその関連会社、ないしは後継者に譲渡する権利を有し、さらには、制限なく支払いに対するその権利を譲渡する権利を有するものとします。
解除

いずれの当事者も相手方当時者に対する通知をもって本契約を解除することができます。解除有効日以前に提供された翻訳サービス、あるいは進行中の作業については、お客さまはその料金に対して責任をもつものとします。

権利放棄と権利不履行

本契約違反に対する当時者いずれかによる権利放棄は、同じ内容の、あるいは異なった類の後発的な違反行為に対する権利放棄とは解釈されないものとします。 いずれかの当事者によるある特定の場合の本契約書のもとでの権利不履行は、その他の場合の当該当事者による同じ、あるいは異なる権利の行使権の放棄とはみ なされないものとします。

義務の存続

その性質ゆえに本契約の解除、あるいは解消後も継続する本契約のもとでの両当事者の義務は、当該解除、あるいは解消をもってしても存続するものとします。

第3者受益者の不在

本契約は、フロンティア総合国際法務事務所のいずれかの第3者に対する何らかの責務、あるいは義務を生ずるものとは解釈されず、いずれの第3者に対しても、なんらの権 利、特権、救済、負担、あるいはフロンティア総合国際法務事務所、その関連会社、あるいはそれぞれの後継者に対する訴訟原因を与えるものではありません。

紛争

両当事者は、本契約において、本契約に関して両当事者間に発生する可能性のあるいずれの紛争も誠実な話し合いをもって解決するために最大限の努力をすることに同意するものです。

契約不履行

本契約のいずれかの重大な規定に対する違反、およびいずれかの当事者からの当該違反行為に対する書面通知を受け取ってから30日以内に当該違反行為が矯正されず、あるいは解決されない場合には、こうした行為は相手方当事者によって契約不履行をみなされるものとします。 いずれかの当時者が本契約不履行に該当するとみなされる場合には、相手方当事者は、当該違反行為について不履行を起こした当事者に対して損害賠償を求める か、あるいは差止めによる救済、ないしは公平な救済を含みますが、これには限定されずそのほかの法的救済を求める権利を有するものです。

規約の変更

フロンティア総合国際法務事務所は、本契約を適宜変更する権利を有するものとします。フロンティア総合国際法務事務所は、本契約に対するあらゆる変更を本ページに掲示するものです。フロンティア総合国際法務事務所が本契約を変更する権利を行使した場合には、フロンティア総合国際法務事務所はお客さま、あるいはいずれの第3者に対しても責任を負うものではありませ ん。しかしながら、本条項にかかわらず、本ページに変更が掲示された日を変更有効日とすると、変更有効日以降になされた注文についてのみお客さまに対して 当該変更は有効であるものです。

本サービスの変更

フロンティア総合国際法務事務所は、適宜すみやかに、原因のあるなしにかかわらず、本サービスを変更し、あるいはこれを停止する権利を有するものとします。フロンティア総合国際法務事務所が本サービスを変更し、停止する権利を行使した場合には、フロンティア総合国際法務事務所はお客さま、あるいはいずれの第3者に対しても責任を負うものではありません。

可分性
本契約の条項は可分であり、本契約のいずれかの条項がいずれかの司法管轄区域において無効となり、あるいは実効不可能となった場合には、当該条項は、当該事項について本契約から分離され、本契約のその他の部分は引き続き有効に存続するものとします。

準拠法
本契約の構成、解釈、および実行は日本法に準拠するものとします。本契約において、両当事者は、本契約のもとで起因する、あるいはこれに関係するあらゆる 事項、ないしは紛争、あるいは本契約の対象事項に関する両当事者の関係について唯一の独占的なフォーラムとして、本管轄裁判所に同意し、またこれに従うも のとします。

完全な最終契約

本契約は、その対象事項に関する両当事者間の完全な最終的な契約であり、対象事項に関する両当事者間のあらゆる事前の口頭での、ないしは書面での表明、合意、および理解に優先するものとします。

セクションのタイトル
すべてのセクションのタイトルは参照のみを目的につけられているものであり、本契約の意味、あるいは解釈に影響するものではありません。

メインメニュー

Copyright© 就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ-外国人日本ビザ申請代行センター All Rights Reserved.